作成の流れ

作成の流れ

お見積り(1回目)、御提案

お見積り・お問い合わせページより必要事項を入力していただき、送信してください。本を出版する目的やご予算をお聞かせいただき、最適な仕様を提案させていただきます。

お申し込み

お見積り・お問い合わせページ、またはお電話からお申し込みください。

お電話でのご相談の方は☎0857-23-7551

入稿

入稿方法別にお選びください。

  • デジタル原稿の場合
  • アナログ原稿の場合
  • 1.データの入稿

    ワードやテキストファイルの原稿データをお送りください。原稿はCD-RやUSBメモリに入れ、それごと当社にお送りいただいてもかまいません。

    2.お見積り(2回目)

    ここで正式なご契約となります。

    3.表紙・本文の作成

    ご契約後、デザイン案、ページレイアウト案をご提示します。

    4.校正と校了

    プリントした校正刷りを郵送いたしますので、内容に間違いがないか、お客様の目で校正をお願いいたします。
    ご不明な事もお気軽にご相談ください。

    校正について

    校正は文字を中心に、写真、イラスト、レイアウトに誤りがないか確認する作業です。日本工業規格(JIS)の印刷校正記号があり、早く正確に伝える方法もありますが、要は意図が伝わればそれで十分なので特に憶える必要はありません。

    著者校正のポイント

    ① チェックは赤字ではっきり、わかりやすく。
    ② 人の名前や地名、年月日など、著者にしかわからない事柄は、特に良く確認をする。
    ③ 大幅な訂正、追加は要注意。追加料金、納期の遅れにつながります。

    5.印刷、製本

    最終校正に問題がなければ、印刷、製本へと進みます。

    6.お支払い

    お引取り時、店頭での現金精算か、銀行口座へのお振込をお願いいたします。

    7.納品

    店頭でのお引取り、または配送にて納品いたします。
    (配送でのお届けの場合は、ご入金確認後の発送とさせていただきます)

  • 1.原稿の入稿

    同じ原稿用紙を使い、ひとますに一文字ずつ、わかりやすい文字で書くこと、これが基本です。あとから何度も手を加えた場合は、読みやすく清書をしておいた方が良いでしょう。
    原稿用紙には通し番号をつけ、順番がだれにでも分かるようにしておきます。これで、文字原稿の総量がつかめ、最初の見積りがほぼ正確なものになります。
    また、写真やイラストなどの挿入部分はわかりやすく指示をつけておきましょう。

    2.お見積り(2回目)

    ここで正式なご契約となります。

    3.表紙・本文の作成

    ご契約後、デザイン案、ページレイアウト案をご提示します。

    4.校正

    プリントした校正刷りを郵送いたしますので、内容に間違いがないか、お客様の目で校正をお願いいたします。
    ご不明な事もお気軽にご相談ください。

    校正について

    校正は文字を中心に、写真、イラスト、レイアウトに誤りがないか確認する作業です。日本工業規格(JIS)の印刷校正記号があり、早く正確に伝える方法もありますが、要は意図が伝わればそれで十分なので特に憶える必要はありません。

    著者校正のポイント

    ① チェックは赤字ではっきり、わかりやすく。
    ② 人の名前や地名、年月日など、著者にしかわからない事柄は、特に良く確認をする。
    ③ 大幅な訂正、追加は要注意。追加料金、納期の遅れにつながります。

    5.印刷、製本

    最終校正に問題がなければ、印刷、製本へと進みます。

    6.お支払い

    お引取り時、店頭での現金精算か、銀行口座へのお振込をお願いいたします。

    7.納品

    店頭でのお引取り、または配送にて納品いたします。
    (配送でのお届けの場合は、ご入金確認後の発送とさせていただきます)

小冊子

− もれなく小冊子プレゼント −

ご相談をされた方、また、ご希望の方に、本のつくり方のアドバイスが満載の小冊子を差し上げます。はじめての方にもやさしく、わかりやすく解説(写真・図入り)です。

お電話でのご相談・プレゼントご希望の方は☎0857-23-7551