本の知識

各部の名称

本のサイズについて

本の内容とサイズ(判型)の約束ごとはありませんが、内容による判型の傾向はあります。

判 型 大 き さ 傾   向
A4判 210㎜×297㎜ 画集、写真集、記念誌
B5判 182㎜×257㎜ 社史、写真集、記念誌
A5判 148㎜×210㎜ 学術書、専門書、自分史、詩歌集
B6判 128㎜×182㎜
四六判 128㎜×約188㎜ 小説、エッセイ、自分史、句歌集
A6判 105㎜×148㎜ 文庫本

以上は、あくまで傾向ですので、内容に合った判型を選んでください。決められた判型ではなく変型サイズでも構いませんが、紙の無駄が出る可能性があります。

製本について

製本方法の選択と、表紙、見返し、とびら、本文、カバー、外函の紙やクロスの選択及びデザインなどを総称して「装丁」と言います。本の内容にふさわしい体裁が求められます。

上製本

上製本は表紙の芯にボール紙などの厚い紙を使い、布や紙などでくるんだ頑丈で豪華な装丁となります。上質な雰囲気を醸し、長期の保存に耐えられるのが大きな特長で、小説や事典、記念誌、写真集などの製本に用いられています。

こんな本にオススメ!
  • ■辞典
  • ■画集・写真集
  • ■記念誌・社史・団体史
  • ■論文集 など

並製本

並製本は表紙を1枚の厚紙でくるんだもので、文庫本や雑誌などがそれにあたります。
上製本に比べ、コストを抑えて安価につくることができるのが特徴です。

こんな本にオススメ!
  • ■随筆・紀行文
  • ■句集・歌集・詩集・小説・絵本 など

用紙の種類

コート紙

コート紙とは上・中質紙の表面に塗料をコーティングしている紙です。光沢があり、インクののりがよく着色効果が高いのが特徴です。

マットコート紙

上質紙の表面につや消しのためのコーティングが施されている光沢のない印刷用紙です。

上質紙

上質紙とは原料を化学パルプ100%にて製造された用紙のことです。塗料は塗布されていません。
この上質紙を加工してアート紙やコート紙、マット紙などになります。また、元の紙に色が入ったものは色上質紙と呼ばれます。

用紙の厚さ

kg数の大きな紙が厚い紙、kg数の小さな紙が薄い紙となります。

上質紙

四六判連量(kg) 135 110 90 70 55
菊判連量(kg) 93.5 76.5 62.5 48.5 38
A判連量(kg) 86.5 70.5 57.5 44.5 35
厚さ(mm) 0.185 0.151 0.121 0.095 0.077

コート紙

四六判連量(kg) 135 110 90 73 68 63
菊判連量(kg) 93.5 76.5 62.5 50.5 47.0 43.5
A判連量(kg) 86.5 70.5 57.5 46.5 43.5 40.5
厚さ(mm) 0.135 0.110 0.087 0.069 0.066 0.059

マットコート紙

四六判連量(kg) 135 110 90 70
菊判連量(kg) 93.5 76.5 62.5 48.5
A判連量(kg) 86.5 70.5 57.5 44.5
厚さ(mm) 0.18 0.138 0.108 0.086
小冊子

− もれなく小冊子プレゼント −

ご相談をされた方、また、ご希望の方に、本のつくり方のアドバイスが満載の小冊子を差し上げます。はじめての方にもやさしく、わかりやすく解説(写真・図入り)です。

お電話でのご相談・プレゼントご希望の方は☎0857-23-7551